くらし情報『マスク時代は“毒出しうがい”が常識に? 口内環境の整え方』

2020年10月23日 20:50

マスク時代は“毒出しうがい”が常識に? 口内環境の整え方

マスクの着用が当たり前となった今、“うがい”は習慣化されましたが、喉だけじゃなく口の中もちゃんと清潔にしていますか?口呼吸の増加による感染症リスクを減らすためにも、すぐにでも実践できる“毒出しうがい”で、口内環境を健康にしていきましょう!

口呼吸で口内環境が悪化。ウイルスの温床に…!?
“うがい”というと喉をガラガラとゆすぐうがいを思い浮かべる人も多いかもしれないけれど、毒出しうがいは口内の洗浄法。

「ウイルスは、喉に辿り着く前に口の中を通ります。その時に歯や歯肉、舌が汚れていると、そこにウイルスが張りついてしまう。とくにマスク時代の今、口元が見えない気の緩みやマスクによる息苦しさで、口呼吸になりがちに。すると外敵が口に入りやすく、また良い免疫成分を多く含む唾液が乾燥してしまうため、口内環境が悪化。感染症などのリスクにつながります。そんな事態を防ぐためにおすすめしたいのが、毒出しうがい。口の中の汚れを効果的に洗い流すこの方法は、歯磨きよりも手軽なので、日常的に取り入れやすいはず。口内の清潔を保って秋冬を元気に過ごしましょう」(歯学博士・照山裕子さん)

毒出しうがいの「毒」とは、カラダに悪さをする歯垢のもと、=(イコール)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.