くらし情報『全部食べられる「ビスケットのタンス」! 作った人力舎の芸人はだーれだ?』

2021年3月6日 19:00

全部食べられる「ビスケットのタンス」! 作った人力舎の芸人はだーれだ?

野心にまみれた僕はバズらせるための合成獣(キメラ)を生み出すマッドサイエンティストになることを決意しました。

DIYと言えば棚。でも、そのままじゃ可愛くない。
ビスケットのタンスはどうだろう。引き出しの中に何か収納したい。

まず、ビスケット生地でタンスのタルトを組み立てるのは?
以前タルトを作ろうとレシピを調べた時、板状に焼いたビスケット生地を溶かしたチョコレートを接着剤として箱型のタルトにする手法があったことを思い出しました。この手法で大小の引き出しタルトを何個か作り、それを組み合わせれば、タンスができるはず。

確信した僕は、秤や泡立て器を手に取るよりも先に、ペンと定規を手にとり一気に設計図を書き上げ、その通りに生地を板状にしてオーブンで焼き上げました。

全部食べられる「ビスケットのタンス」! 作った人力舎の芸人はだーれだ?
美味しい粗大ゴミ

ビスケットでタンスを作り続けた

最初に焼いたビスケットは、曲がったり割れているものばかり、目論見通りには行きません。それでもこの失敗を無駄にはしたくない。
とりあえず溶かしたチョコレートをビスケットに塗り、引き出しを作り、タンスを組み立ててみる。可愛い。これがきれいに作れたらバズること間違いなし。僕は、家具職人ばりに何度も何度もビスケットでタンスを作り続けました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.