くらし情報『世界的な父の影で抱えた苦悩…波乱の人生を送った女性活動家の真実と矛盾』

2021年9月3日 19:30

世界的な父の影で抱えた苦悩…波乱の人生を送った女性活動家の真実と矛盾

働く女性たちのなかには、キャリアと恋愛の間で悩んだ経験がある人も多いのでは?そこで今回ご紹介するのは、世界的に著名な父を持ち、公私ともに激動の人生を送ったある女性の知られざる真実を描いた注目作です。

『ミス・マルクス』

目次

・『ミス・マルクス』
・スザンナ・ニッキャレッリ 監督
・愛とは複雑でコントロールできないもの
・いまの私たちなら乗り越えられる
・日本から強い影響を受けて育った
・何があっても、前に進み続ける!
・心に訴えかける予告編はこちら!
・作品情報
世界的な父の影で抱えた苦悩…波乱の人生を送った女性活動家の真実と矛盾


【映画、ときどき私】 vol. 411

1883年、イギリス。19世紀を代表する哲学者で、経済学者のカール・マルクスが亡くなり、その末娘であるエリノア・マルクスは、父親の葬式で思い出を語っていた。そんななか、エリノアが出会ったのは劇作家のエドワード・エイヴリング。

2人は恋に落ちるが、不誠実なエドワードの裏切りに献身的な愛を捧げていたエリノアは深く傷つき、苦しめられていた。社会主義とフェミニズムを結びつけた草分けとして時代を先駆ける存在でありながら、エドワードへの愛と政治的信念との狭間でエレノアの心は引き裂かれていくことに……。

2020年のヴェネツィア国際映画祭でベストサウンドトラックSTARS賞を含む2冠に輝き、脚光を浴びた本作。今回は、こちらの方に見どころを教えていただきました。

スザンナ・ニッキャレッリ 監督

世界的な父の影で抱えた苦悩…波乱の人生を送った女性活動家の真実と矛盾


2009年に長編監督デビューを果たして以来、本国イタリアでさまざまな賞を受賞しているニッキャレッリ監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.