くらし情報『草なぎ剛、監督・太田光との固い絆を明かす『光へ、航る』現場レポ』

草なぎ剛、監督・太田光との固い絆を明かす『光へ、航る』現場レポ

2018年2月16日 05:00
 

Photo by cinemacafe.net

4月6日(金)に2週間限定全国公開される、稲垣吾郎香取慎吾草なぎ剛のファンサイト「新しい地図」が製作するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』の一編、『光へ、航る』の撮影現場が2月中旬に公開された。

本作は、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が脚本と監督を務め、尾野真千子草なぎ剛が夫婦役を務めるヒューマンストーリー。

■太田監督「日本映画史上に残るシーンが撮れた」

この日は、青天のもと、埼玉県内で撮影が行われ、公園で尾野さんと子役がキャッチボールをするシーンや、夫婦のクライマックスシーンが撮影された。太田監督と言えば、1991年にオムニバス映画『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』の一編を監督して以来、実に27年ぶりにメガホンをとることとなったが「素晴らしい天気に恵まれ、初日から日本映画史上に残るシーンがとれた。全米が泣くと思います」と冗談を交えて自画自賛。

尾野さんも「朝イチから笑顔あふれる現場で、作品の出来上がりが楽しみになりました」と笑顔を見せると、草なぎさんも「本当に楽しかったですし、尾野真千子さんという可愛い女性と、とても素敵なシーンが撮れました。さすが太田監督と思える演出でした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.