くらし情報『二階堂ふみが初の男役! GACKTはまさかの高校生に!魔夜峰央「翔んで埼玉」実写映画化へ』

2018年4月9日 12:15

二階堂ふみが初の男役! GACKTはまさかの高校生に!魔夜峰央「翔んで埼玉」実写映画化へ

Photo by cinemacafe.net

二階堂ふみGACKTという異色のW主演により、「パタリロ」などで知られる漫画家・魔夜峰央による「このマンガがすごい!comics翔んで埼玉」が実写映画化、2019年に公開されることが分かった。

■原作は“地方ディス”マンガの火付け役!

魔夜峰央が1982年に発表した原作マンガは、2015年に「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)として30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、テレビ番組SNS、インターネットなどメディアで多数取り上げられ、累計発行部数は62万部を突破。

魔夜氏が作品発表当時に埼玉県所沢市に住んでいたことから、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」など“埼玉県”を徹底的にディスるセリフなどが大きな話題を呼び、後に続く“地方ディス”マンガの火付け役に。上田清司・埼玉県知事からも、「悪名は無名に勝る」と県公認(!?)のお墨付きコメントをもらうまでになっている。

■まさかの映画化決定!ディスっているけど地方にエールを送る作品!

本作のプロデューサーを務める若松央樹氏は、2015年、書店に平積みされていた原作を見て、強烈なインパクトを感じたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.