くらし情報『嵐、「このつながりは、一生もの。」年賀状CMで体現 5人からメッセージも』

2020年10月30日 17:26

嵐、「このつながりは、一生もの。」年賀状CMで体現 5人からメッセージも

嵐、「このつながりは、一生もの。」年賀状CMで体現 5人からメッセージも

アイドルグループ・嵐が出演する年賀状の新テレビCM「つながる人」篇が、29日より全国で放送開始となった。

同CMでは、嵐のメンバーにはセリフがない。年賀状を書くしぐさや読む表情、ちょっとした身のこなしで、年賀状を通じて人と人がつながっている様子を表現し、「このつながりは、一生もの。」を体現する内容となっている。

放送されるのは、5人が出演する「オムニバス」篇、1人ずつ出演する「大野さん」篇、「二宮さん」篇、「松本さん」篇、「相葉さん」篇、「櫻井さん」篇の全6種類。全国で順次放送される。

窓越しに小雪の舞う空を見上げ、思いをはせる大野智。不意にいつしかの思い出が頭をよぎり、思わず笑みがこぼれ、その思い出とともに年賀状をしたためる。「たまにしか会えなくても、いっしょに生きている」

テーブルでひとり年賀状を書く二宮和也は、鉛筆で何度も下書きを繰り返し、気づいたことがひとつ。「今年もよろしくって書いたけど、ずっとよろしくなんだ」

元日、郵便受けをのぞく松本潤は、年賀状の束を取り出し、その場で差出人のチェック。1年ぶりに再会する見覚えのある筆跡に頬が緩む。「おんなじやりとりだけど、なくなったら寂しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.