くらし情報『吉沢悠が赤裸々告白! 活動休止・改名後の変化、そして40代の抱負』

吉沢悠が赤裸々告白! 活動休止・改名後の変化、そして40代の抱負

2018年8月29日 11:30
 

吉沢悠が赤裸々告白! 活動休止・改名後の変化、そして40代の抱負

青春ドラマを彩ってきた端正な顔立ちのイケメン俳優にとって、いかにして守備範囲を広げ、演技派俳優にシフトしていくかというのはいつの時代も大きな課題だ。俳優・吉沢悠にとってもしかりで、40歳となる今、新境地を開拓すべくいろんな役にトライし続けている。そんな彼が3年ぶりに出演する舞台が、白井晃×長塚圭史のタッグによる『華氏451度』(9月28日~10月14日)だ。

レイ・ブラッドベリのディストピア小説を舞台化した本作で、彼が演じるのは、主人公のガイ・モンターグ役。徹底した思想管理体制にある近未来では、本の所持が禁止されていて、彼の仕事は、本が発見された場合に出動し、本を焼却するという管理機関「ファイアマン」だ。ところがある日、彼は1人の女性・クラリス(美波)と出会ったことで、反体制側に回って戦うことになる。

吉沢は、役へのアプローチを徹底的に行うという真摯な役者だが、20代で一度、芸能活動を休止し、改名して再び活動を開始したという経歴も興味深い。40歳となる今年、彼はどういう方向へ進もうとしているのか? 単独インタビューに答えてもらった。
○30代の焦りと40代を迎える心境

――3年ぶりの舞台となりますが、舞台の魅力はどういう点でしょうか?

舞台はライブだから、一歩間違えば大変なことになります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.