くらし情報『M-1炎上なぜ起きた?フォローという優しさの裏にある残酷さ』

2018年12月14日 11:00

M-1炎上なぜ起きた?フォローという優しさの裏にある残酷さ

(イラスト:おおしまりえ)

(イラスト:おおしまりえ)



先日開催された「M-1グランプリ2018」は、最年少チャンピオンとして霜降り明星が優勝しました。

しかし残念なことに、いちばん注目を集めているのはこの2人ではありません。本大会の打ち上げで、とろサーモンの久保田かずのぶさん(39)と決勝進出したスーパーマラドーナの武智さん(40)が生配信。そこで審査員である上沼恵美子氏(63)への批判を行ったことで、炎上しているのです。

動画は即削除され、2人は謝罪コメントを発表。しかし、今日まで様々な芸人たちがコメントをしています。酔った勢いとはいえ、こういったトラブルは後味が悪いもの。とはいえこの一極集中の批判の大きさは、やや過剰すぎると思えてなりません。

そこには同業者による“優しさという突き落とし”が起きているからではないかと思うのです。

■当人間では完了した問題のはずが…

そもそも本トラブル、上沼さん側は「興味あれへん」とコメント。番組でも「後輩芸人にいじられるタイプなのかな?」といった笑いに変えるリアクションも出ています。

当人からの謝罪も丁重にお断りしたことが報じられていますから本心は不明でも、上沼さんは業界の先輩として対応していることがわかります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.