くらし情報『入園や入学のお祝いで悩んでしまう!そんな方は相場やマナーをチェックしておこう』

2017年3月30日 11:30

入園や入学のお祝いで悩んでしまう!そんな方は相場やマナーをチェックしておこう

新生活がスタートする春。親戚や友人・知人の子どもが入園・入学を迎える方も多いのではないでしょうか?入園・入学は、子どもの成長をお祝いする大切なイベント。おめでたい門出にはぜひお祝いを贈りたいものです。しかし、入園祝いには具体的に何を贈れば良いのでしょうか?また、仮にお祝い金を渡す場合には金額の相場はあるでしょうか?今回は入園・入学祝いの渡し方と贈り物の選び方、渡すときの注意点などについてご紹介していきます。

入園祝い、入学祝いは誰に渡すべき?

目次

・入園祝い、入学祝いは誰に渡すべき?
・具体的にどんな品を贈るべき?
・金額の相場もチェックしておこう
・入園祝い・入学祝いののし袋の選び方
・お祝いを渡す際の注意
・入園祝いのお返しは必要?
・まとめ
入園や入学のお祝いで悩んでしまう!そんな方は相場やマナーをチェックしておこう


贈り物のやりとりは、基本的には「身内」と呼ばれる間柄の中だけで行えば問題ありません。贈り物の宛先は子どもの名前にして、贈り物そのものは子どもの親のうち、どちらか近しい相手に渡します。入園・入学の話題はおめでたいものなので、お祝いの気持ちはどのような相手にでも伝えるべきです。とはいえ、贈り物の送り先を知人や同僚の子どもにまで範囲を広げると、収拾がつかなくなってしまいます。お礼やお返しの気遣いで相手の手を煩わせることもあるため、「ほどほど」を意識しましょう。ただし、とても親しい友人の子どもや「血縁がなくても祝いたい!」という場合は、もちろん気持ちよくお祝いの品を贈って問題ありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.