くらし情報『学資保険の代わりに選ぶなら?教育資金の準備に役立つ3つの方法をFPが解説!』

2021年3月4日 14:00

学資保険の代わりに選ぶなら?教育資金の準備に役立つ3つの方法をFPが解説!

契約時に定めた保険料を一定期間払い込むことで、将来「祝い金」や「満期学資金」という形でまとまった返戻金を受け取ることができます。

自分の子どもには、将来は子どもが希望する進路に進ませてあげたいと望むのが親の思いです。そのために教育資金を準備しておくのは、親の責任であり愛情であるともいえます。

しかし、そんな親としての責任や愛情を果たす前に、親に万が一の事態が発生した場合、子どもに辛く悲しい思いとともに経済的なダメージを与えてしまうことになります。学資保険は教育資金を貯蓄するという目的以外に、以下のような機能を備えています。

  • 契約者(親)に万が一の事態が発生したとき、子どもが保障を受けられる
  • 契約者(親)に万が一の事態が発生したとき、その後の支払いが免除される
  • 被保険者(子ども)がケガや病気をしたとき、保障を受けられる
加入後の万が一の事態に備えて、教育資金を貯めながら保障も備えることができる点が、学資保険の最大の特徴です。

子どもの教育資金準備の必要性

子どもの教育資金準備の必要性


学資保険に加入するにしても、他の金融商品を選択するにしても、そもそも「子どもの教育資金はどの程度準備が必要なのか?」を知っておかなければ、目標を定めて貯蓄を進めていくことはできません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.