くらし情報『結婚生活10年以上!「独身時代と同じテンションで妻が好き」と語る夫の、妻との本気の向き合いかた』

2016年9月28日 18:06

結婚生活10年以上!「独身時代と同じテンションで妻が好き」と語る夫の、妻との本気の向き合いかた

女性である私は「男の人は、友達同士で家庭の話をあまりしないもの」というイメージを持っていました。家庭の話より仕事の話をする。友達の前で家庭の話をするのはどこか気恥ずかしい。私以外にもそんなイメージを持っている女性がいるかもしれません。

今回取材させていただいた渡辺賢智さんは、仲の良い知人男性に「奥さんのことが大好きなんだ」というお話をしていたそうなのです。こんなカッコイイことを言ってしまう彼は、日頃どんなふうに奥様と向き合っているのでしょうか。

目次

・人はなぜ結婚するのか?
・浮気したくない、想いを立証できる手段は行動だと思う
・子供ができて、夫婦ゲンカの内容が変わった
・これからやりたいこと


結婚生活10年以上! 「独身時代と同じテンションで妻が好き」と語る夫の、妻との本気の向き合いかた


渡辺賢智さん

<現在の仕事>

株式会社白ヤギコーポレーション代表

<勤務曜日と帰宅時間>

平日勤務で、帰宅時間は日によって異なる。

オフィスが自宅から近いため、一度家に帰って子供たちをお風呂に入れた後、また戻る日が週に1~2回。

<家族構成>

妻、子供2人(男7歳、男1歳)

<奥様の職業>

専業主婦

人はなぜ結婚するのか?

–結婚の決め手になったことはなんでしたか?

渡辺さん(以下、敬称略):

大きなきっかけは、僕の上海赴任です。もともと好きな人ができてその人と付き合ったら結婚するものだと考えていましたし、上海と日本と国をまたいでのお付き合いは大変かなと思ったので結婚したっていう感じでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.