くらし情報『重曹に変わる万能洗剤セスキとは? セスキ炭酸ソーダで汚れが落ちすぎる』

2018年12月20日 20:30

重曹に変わる万能洗剤セスキとは? セスキ炭酸ソーダで汚れが落ちすぎる

「絹やウールなど、アルカリに弱いもの」はセスキ炭酸ソーダによる浸けおき洗いには向いていません。

<煮沸する場合>
ステンレス製のカトラリーの曇り取りにもセスキ炭酸ソーダが使えます。

水3リットルに大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かし、ステンレス製のカトラリー類を入れて煮沸しましょう。その後ブラシでこするとピカピカになります。
知らないと損!セスキ炭酸ソーダで油汚れを徹底的にキレイにする方法 – カジタクより引用

カトラリーの素材に注意が必要です。

セスキ炭酸ソーダ使用の注意点

セスキ炭酸ソーダを使用する際に注意したい点についてチェックしておきましょう。

手袋をする
セスキ炭酸ソーダはタンパク質を溶かす作用があるため、手荒れをしやすい方はゴム手袋・ビニル手袋を使用しましょう。

もし手についてぬるぬるしてしまった場合は、水できれいに洗い流します。その後、酢やクエン酸といった酸性のものを少量かけてなじませると、中和効果で落ち着かせられますよ。手につけた酢やクエン酸は、きれいに洗い流しておきましょう。

目や口に入ってしまったら
粉や水溶液が目や口に入ってしまったら、すぐに水で十分に洗い流しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.