くらし情報『デイリークッキング in ベルギー!西洋食材でアレンジ料理をたのしむ【ベルギーのかわいいとおいしい vol.12】』

2019年1月2日 20:55

デイリークッキング in ベルギー!西洋食材でアレンジ料理をたのしむ【ベルギーのかわいいとおいしい vol.12】

わたしはオートミールのかわりに蕎麦を使いました。日本では蕎麦というと麺を思い浮かべますが、こちらでは蕎麦の実や蕎麦粉が主流です。はじめて蕎麦の実を茹でましたが、香りが日本の蕎麦の麺を茹でる時と同じで懐かしく思いました。

蕎麦のポリッジに、ニンニクと炒めたきのこたちとコールラビを乗せ、仕上げにバルサミコクリームとクコの実をふりかけて完成。きのこは万能です。

デイリークッキング in ベルギー!西洋食材でアレンジ料理をたのしむ【ベルギーのかわいいとおいしい vol.12】


これはわたしがヨーグルト代わりに食べているスキール。わたしが日本にいたころ、日本で見かけたことはなかったのですが最近ではどうなのでしょうか?日本のヘルシーブームに乗って輸入されているかもしれないですね。スキールはアイスランド発祥のもので、アイスランド人が日々食べる健康食です。無脂肪乳で作られる発酵食品で、ヨーグルトより水分が少なくもっちりしていて、食感はマスカルポーネチーズのよう!脂質がないのでカロリーがとっても少ないのに高たんぱくで、身体にいいことづくしなんです。スキール自体は甘くないので、ヨーグルトのように味がついているものも売っています。

値段も手ごろなので、西洋に来られた際はぜひスーパーで探してみてほしいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.