ビューティ情報『その食べ方、勿体ないかも?夏野菜の栄養素を無駄なく摂取する方法』

2022年5月23日 08:00

その食べ方、勿体ないかも?夏野菜の栄養素を無駄なく摂取する方法

夏野菜の魅力とは?

目次

・おくら
・トマト
・茄子
・枝豆
・きゅうり
・ピーマン
夏野菜、魅力
出典:byBirth
旬の時期には、食べ物の栄養価がもっとも高く、美味しく食べられるといわれています。

夏野菜は、みずみずしいだけでなく、美容や健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。そのため、栄養素を無駄なく、効率よく摂取できると良いですよね。

調理方法や食べ方などを工夫して、夏野菜を美味しく&賢くいただきましょう!

美容&健康効果抜群!おすすめの夏野菜と、賢い食べ方

おくら

おくら
出典:byBirth
おくらには、水溶性食物繊維である「ペクチン」が含まれています。

ペクチンは、コレステロール値を下げる働きや、胃粘膜を保護してたんぱく質の消化をサポートする働きがあります。さらに、食後の血糖値上昇を抑える働きがあるため、過剰なインスリン分泌を抑えて肥満予防にも役立ちます。

また、抗酸化作用があるビタミンCやβカロテン、カルシウム、鉄も多く含まれています。

おくらを食べるときのポイントは、「茹ですぎない」こと。茹ですぎると、せっかくの栄養成分が流れ出てしまいます。おくらは生でも食べられる野菜なので、サッと茹でるだけでOKです。

また、βカロテンは脂溶性なので、油と一緒に調理すると吸収率を高めることができます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.