くらし情報『“一生戻らないかもしれない恐怖”… コロナ陽性の20台後半女性を襲った「意外な症状」と「後遺症」とは【後編】』

2021年9月25日 20:46

“一生戻らないかもしれない恐怖”… コロナ陽性の20台後半女性を襲った「意外な症状」と「後遺症」とは【後編】

また、症状が出始めたのは5日前の13日であること、濃厚接触者については旦那のみであること、テレワークで二週間以上出社していなかったため会社には濃厚接触者がいないことを報告。

なお、その際に濃厚接触者の定義を保健所に聞いたところ、“発症日から2日前までに接触していた人”とのこと(※1)。そのときも、それ以降の連絡でも保健所からは感染経路の確認はされませんでした(※2)。

そういった一連のことをヒアリングされたのち、今後の対応についての説明を保健所の方から受けることに。その方からは「陽性者(筆者)は発熱などの症状がなくなってから72時間後、もしくは発症日から14日間が経過したら療養期間が終了する」「コロナに感染した人の療養期間は、目安として10日間程度で終了することが多い」「同居している濃厚接触者の方(夫)は、陽性者の療養期間終了後、14日間が経過するまでは外出禁止」といったことが伝えられました。また、容体を確認するためにパルスオキシメーターが貸し出されることや、療養期間が終了するまでは保健所からの経過観察の連絡が毎日1回来ること、急に容体が悪化したとき用の24時間対応している緊急連絡先なども教えてもらいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.