くらし情報『ずっとヘルシーでいたい!運動で改善できる女性の健康課題』

2019年12月1日 15:00

ずっとヘルシーでいたい!運動で改善できる女性の健康課題

目次

・年代ごとの女性の健康課題
・手軽にできる運動メニュー
・運動がもたらすうれしい効果
ずっとヘルシーでいたい!運動で改善できる女性の健康課題


スポーツ庁が平成30年に行った報告(※1)によると、日本では特に20~40代の女性のスポーツ実施率が男性より低く、運動不足が将来の糖尿病や骨粗鬆症といった健康問題を生じる可能性があるとしています。理由として、仕事や育児での時間の制約、加齢にともなう健康不安が少ないことが考えられています。
今回はスポーツ庁が挙げている女性の健康課題(※2)をもとに、あすけん栄養士が運動の方法や効果を解説します。

フィットネスシューズ、ビジネスシューズ

年代ごとの女性の健康課題

【思春期・若年期】
思春期・若年期の運動で予防できる健康課題として、
・過度な痩せによる骨量低下
・20歳前後の体力と40~50年後の予後・疾患
・筋力不足による低代謝
が挙げられています。
いずれも、思春期・若年期に運動を行い、骨を強くし、筋力や体力をつけることで将来的な疾病(骨粗鬆症、糖尿病など)やメタボリックシンドローム発症のリスクを下げることができるとされています。

【更年期・高齢期】
更年期・高齢期の運動で予防できる健康課題として、
・メタボリックシンドローム
・ロコモティブシンドローム
・フレイル
・サルコペニア
が挙げられています。
女性は閉経前後に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下し、内臓脂肪の蓄積、骨密度低下などカラダの変化が起こりやすくなるとされています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.