くらし情報『90万人が涙した映画第3弾『ママをやめてもいいですか!?』が2月公開』

2020年1月21日 20:35

90万人が涙した映画第3弾『ママをやめてもいいですか!?』が2月公開

目次

・首がもげるほどうなずいてしまう「ママをやめたい」理由
・4~5人に1人は予備軍!? さらにパパにも起こる産後うつ
・子どもを抱きしめられないと悩むママの過去
・子育ての環境をよくしたいとの思いから映画化を決意
映画『ママをやめてもいいですか!?』


累計90万人を動員したドキュメンタリー映画『うまれる』シリーズの第3弾、ママたちのリアルな子育て事情を描いたドキュメンタリー映画『ママをやめてもいいですか!?』が2月29日より全国で順次公開されます。内容に賛同したベビーカレンダーは映画に協賛し、公開に先立って行われた試写会にも参加。作品の魅力と上映後におこなわれた監督トークショーの模様をお届けします。

首がもげるほどうなずいてしまう「ママをやめたい」理由

映画『ママをやめてもいいですか!?』


『ママをやめてもいいですか!?』。映画のタイトルは衝撃的ですが、子育て中の人なら一度は“ママ”の立場から逃げ出したくなったことがあるのではないでしょうか?

ドキュメンタリー映画『うまれる』シリーズの監督・豪田トモさんの最新作『ママをやめてもいいですか!?』は子育てに奮闘するママたちの日常を追った作品です。

「子どもは愛おしいけれど、離れたい」
「どうしてパパはママの大変さに気づかないの?」
「大変なのは今だけって言われるけれど、“今”助けてほしいんです」

日常を映し出しているからこそ、ママたちから飛び出す言葉は納得の嵐。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.