くらし情報『「へーそうなんだ」ってそれだけ!?私の話に興味のない夫に悔しくなり…』

2021年1月19日 21:00

「へーそうなんだ」ってそれだけ!?私の話に興味のない夫に悔しくなり…

目次

・納得! 生理のしくみは陣痛と同じ!
・興奮しながら伝えるも、夫の反応は…
・アプリで生理予定日を共有。命名がカギ!
育児中の生理のつらさをわかってくれない夫のイメージ


生理期間中の育児は何かとつらいもの。せめて生理期間中は、少し夫に家事や育児を頼みたい気持ちにもなります。今回は、ある表現を使い、生理日を夫と共有した結果、「生理期間中もきちんと家事・育児をしなければ」と縛られていた気持ちがラクになった私のエピソードをご紹介します。

納得! 生理のしくみは陣痛と同じ!

子どもが2歳半のころ。感情のコントロールが効きづらくなる生理期間中の育児は、子どものイヤイヤ期も重なって、心身ともに非常につらいものでした。

そんなとき、ふとテレビ番組を見ていたところ「生理」の特集が。その特集の内容は「生理のとき、子宮は陣痛時と同じような収縮の動きをしている。だから痛みがあるし、体もしんどくなる」というもの。それを聞いた私は「だから生理中ってこんなにもつらいんだ」と、すっと腑に落ちました。

興奮しながら伝えるも、夫の反応は…

それまで生理を理由に育児を休んだり、料理に手を抜いたりしたことがほとんどなかった私。「これはチャンス! 」とばかりに、夫に生理のつらさをアピールして共感してもらおうと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.