くらし情報『小さなウイルスに笑いの神をさらわれた… 『サンドウィッチマン』が悔しさにじます』

2020年3月31日 17:53

小さなウイルスに笑いの神をさらわれた… 『サンドウィッチマン』が悔しさにじます

目次

・志村けんの訃報にサンドウィッチマンがコメント
・伊達みきお「コント魂は我々世代がしっかりと受け継がなければ」
・富澤たけし「笑いの神の1人」
小さなウイルスに笑いの神をさらわれた… 『サンドウィッチマン』が悔しさにじます

全世界に感染が拡大し、多くの人の命を奪っている新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

情勢を鑑み、日本政府は東京五輪の1年間延期を検討し、2021年7月に開幕できるよう調整を進めています。

そんな折、お笑いタレントの志村けんさんの訃報が伝えられ、人々に衝撃が走りました。

志村けんの訃報にサンドウィッチマンがコメント

志村さんは、コロナウイルスによる肺炎で2020年3月29日に70歳で逝去。

幅広い年代の人から愛され、数々の偉業をなした志村さんは、2020年開催の東京五輪で聖火ランナーとして走る予定でした。

芸能界から悲しみの声が相次ぐ中、お笑いコンビ『サンドウィッチマン』の伊達みきおさんと富澤たけしさんがブログを更新。大先輩とも呼べる志村さんの訃報に、悔しさをにじませています。

伊達みきお「コント魂は我々世代がしっかりと受け継がなければ」

バラエティ番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)を見て、お笑いが好きになったという伊達さん。

志村さん扮する『バカ殿』と撮影した写真をブログで公開するとともに、次のように思い出を振り返っています。

直接何度お会いしても、テレビを見ている様な…不思議な感覚でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.