くらし情報『当て逃げされた場合の保険はどうなる?自動車事故・駐車中の被害で対応すべきこと』

2019年7月9日 13:55

当て逃げされた場合の保険はどうなる?自動車事故・駐車中の被害で対応すべきこと

目次

・自動車を当て逃げされた場合と自動車保険の関係について
・自動車を当て逃げされてしまった場合の主な対応
・当て逃げの相手を特定できた場合は、ナンバーなどを控える
・当て逃げで車両保険を使った場合、自動車保険等級が大きく下がる
・当て逃げによって身体に損害が生じた場合の取り扱い
・当て逃げと保険の関係性に関するまとめ
当て逃げされた場合の保険はどうなる?自動車事故・駐車中の被害で対応すべきこと


https://manetasu.jp

自動車を駐車中や停車中などをはじめ、何らかの理由で他の自動車から当て逃げされてしまうことは、長い自動車運転歴の中で複数回あるかもしれません。

通常、このような場合、自動車に損害を与えた相手方に賠償責任が生じますが、場合によっては、犯人を特定できず、結果として自分の自動車保険を使って直すことになる場合もあります。

そこで本記事では、自動車を当て逃げされた場合の保険や対応について幅広く解説を進めます。

自動車を当て逃げされた場合と自動車保険の関係について

自動車を当て逃げされた場合と自動車保険の関係について


https://faq.sonysonpo.co.jp/

ちなみに、車両保険を付加している自動車が当て逃げによる損害を受けた場合、上記図からも確認できますように、一般型は補償対象、エコノミー型は補償対象外です。

そのため、当て逃げによる補償も準備したい場合は、エコノミー型ではなく一般型を選んで車両保険に加入しなければなりません。

三井ダイレクト損保の場合
三井ダイレクト損保が取り扱っている車両保険は、大きく一般タイプと限定タイプの2つがあり、先に紹介したソニー損保の一般型が一般タイプ、エコノミー型が限定タイプに該当すると考えて差し支えありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.