くらし情報『生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう』

2019年8月13日 12:14

生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう

なお、生命保険料控除の計算方法で紹介した以下、2つの生命保険に加入していると仮定し、いずれも保険料を支払っている人は夫であるものとします。

生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう


生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう


夫婦で分散して生命保険料控除を適用する
大同生命と第一生命の生命保険料控除を夫だけに単独で適用した場合と夫婦それぞれが1つずつ適用した場合の違いは以下の表の通りです。(計算過程は省略します)

生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう


生命保険料控除を夫が単独で適用すると、夫個人の生命保険料控除は、分散するよりも多くなりますが、世帯で考えますと、妻が全く生命保険料控除の適用ができない分、ロスが大きくなることが分かります。生命保険料控除の計算に医療費や医療保険金が影響することはない
生命保険料控除は、あくまでも1年間に支払った生命保険料に対して控除されるものにあたるため、医療費控除のように、実際に支払った医療費や受け取った医療保険金の金額が生命保険料控除の計算に影響を与えるということはありません。

ごく稀に、生命保険料控除や医療費控除をごちゃまぜに考えてしまう人もおられますので、この点には注意が必要と言えそうです。

1年の途中で新規加入や見直しをする場合は、年払いが得策

1年の途中で新規加入や見直しをする場合は、年払いが得策


生命保険料控除は、1月1日から12月31日までの1年間で実際に支払った保険料を基に算出される控除となります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.