くらし情報『生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう』

2019年8月13日 12:14

生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう

結果、一般用40,000円と介護医療用35,000円を合算した75,000円が生命保険料控除の金額となります。

参考大同生命と第一生命の2つの保険契約があった場合の生命保険料控除金額
大同生命と第一生命の2つの保険契約があった場合の生命保険料控除金額は、一般用266,870円、介護医療用104,492円といずれも80,000円超に該当しているため、どちらも一律40,000円の控除金額となります。

したがって、一般用40,000円と介護医療用40,000円を合算した80,000円が生命保険料控除の金額となります。

生命保険料控除のシュミレーションは、控除証明書がすべて届いた後に行う

生命保険料控除のシュミレーションは、控除証明書がすべて届いた後に行う


生命保険料控除を正しく計算するためには、現在加入している生命保険の控除証明書がすべて届いてから行うことが重要なポイントとなります。この理由は、計算方法の流れの中でも紹介しましたように、生命保険料控除証明書に記載されている制度や金額を基に生命保険料控除が計算されるためです。

したがって、生命保険料控除証明書が届く秋ごろに行い、以後、行うことになる年末調整や確定申告前の対策とするのが最も望ましい方法と言えます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.