くらし情報『育児休業の取得条件と受給金額の計算方法、申請方法の流れとは?』

2018年7月17日 07:00

育児休業の取得条件と受給金額の計算方法、申請方法の流れとは?

いざという時に困らないように、お互いの退社時間や両親に協力を頼んでおくかなど確認しましょう。そのほかにも地域のファミリーサポートや病理保育なども事前に確認して情報を共有しておくだけでも安心できます。

保育園への預けかた
保育園へ入所したい場合は、地方自治体のWebサイトなども活用して応募時期や金額などを確認しましょう。また、慣らし保育や必要な持ち物も保育所によって違います。余裕をもって準備できるように、早めに行動しておきましょう。

育児短時間勤務制度を利用
育児短時間勤務制度とは、3歳未満の子どもを養育している労働者が使える時短制度です。

平成28年度に改正された法案で、育児休業を終えた労働者から申出があった場合、事業主は所定労働時間を短縮する措置をとらなければなりません。仕事と育児を両立させるためにも、嬉しい制度ですね。

子の看護休暇を利用
看護休暇とは、小学校就学の始期に達するまでの子どもを養育する労働者が、1年に5日(こどもが2人以上の場合は10日まで)子どもの看護などを理由に取得できる休暇です。半日単位か1日単位で申出できます。

育児休業給付金とは?

育児休業給付金とは、育児休業を取得したパパやママの生活をサポートしてくれる雇用保険の制度です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.