くらし情報『築80年の実家をリノベ。古材を生かして、快適な二世帯に【住まいの設計】』

築80年の実家をリノベ。古材を生かして、快適な二世帯に【住まいの設計】

2018年4月11日 11:50
 

築80年の木造2階建てを二世帯住宅にリノベーションした石渡・中村邸。

古い材を所々で生かしながら、家族5人が快適に暮らせるよう、驚きのアイデアがちりばめられています。

改装したのは、かつて宮大工が手がけたという妻の実家。リノベーション費用は1265万円でした。

1階は父と母の個室のほか、水回りとみんなが集えるリビングダイニングを配置。

2階は娘夫婦とその長男のプライベートスペース、という間取りです。

■ 南向きの縁側と日当たりのいいダイニングに家族全員が集う

リノベーションを依頼されたショセット建築設計室の山川紋さん。

古材を生かして、快適な二世帯


1階北東にあったダイニングキッチンを、家の中で一番日当たりがよく、縁側がある南側に移動するプランを提案しました。

縁側や建具など、以前の家の雰囲気を残しながらも、シンプルでモダンなテイストでまとめられたLDKは、家族全員が集まる場所です。

古材を生かして、快適な二世帯


床に座るタイプの低いダイニングテーブルは掘りごたつ式。脚を外して天板で蓋をすれば、フラットになる優れものです。

大きな開口部が南を向いているため、明るく暖かいリビングとなりました。

古材を生かして、快適な二世帯


今回、予算の都合で外壁や庭には手を加えませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.