くらし情報『家は「借りる」「買う」どっちがいい?不動産業界で19年働いて得た結論』

家は「借りる」「買う」どっちがいい?不動産業界で19年働いて得た結論

2018年4月13日 17:50
 

家を「借りる」と「買う」どちらが得か?という議論が、不動産業界には……いえ、世の中には昔からありますよね。

この問題、筆者が不動産業界に入った19年前から(恐らくもっと以前からあったでしょう)盛んに議論されていましたが、いまだに結論が出たという話を聞きません。
マイホーム

TATSU / PIXTA(ピクスタ)

■ 「借りる」「買う」どちらが得か?問題のカラクリ
「借りる」「買う」どちらが得か

kou / PIXTA(ピクスタ)

この問題のベースとなっているのは「“家賃”を払い続けるのと“住宅ローン“を払うのとどちらが得か?」ということで、大抵の場合、それぞれ発生する費用の合計をシミュレーションして比較しています。

まだ紙の媒体が不動産情報の中心だった時代の話です。

同じ出版社で賃貸向けと売買向け、2つの情報誌を出していましたが……、
「借りる」「買う」どちらが得か

KAORU / PIXTA(ピクスタ)

賃貸の情報誌では「借りる方が少しだけ得」、一方、売買の情報誌では「買った方が少しだけ得」というまったく異なる結論を出していました。

一生の間に必要となる住宅関連の支出の合計は簡単にシミュレーションできるようなものではなく、前提条件を少し変えればまったく違う結論となります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.