くらし情報『卒業後のランドセル、どうする?ハッピーな活用法3つ』

2019年4月17日 11:50

卒業後のランドセル、どうする?ハッピーな活用法3つ

最近よく目にする「ラン活」という言葉。

「小学校入学をひかえた子どものランドセルを選んだり購入するための活動」のことですが、なんと2020年度の「ラン活」は早くもスタートしているそう。

最新モデルのラインナップを見ると、その進化に思わず感心してしまうほど。

一方で、小学校卒業後に浮上するのが「使い終わったランドセルをどうするか?」という問題。

実は、入学前の「ラン活」に負けないほど、卒業後のランドセルの活用法にも注目が集まっています。

使い終わったランドセルの活用法を3つご紹介します!

■ 1.リメイクする

使い終わったランドセルの素材で好きな小物をつくる「ランドセルリメイク」。

定番のミニランドセルから身の回りの小物まで、商品の幅もグンと広がっています。

メイクをおこなっている工房のひとつ、手作りランドセルの老舗工房「宇野カバン店」に、人気のリメイク商品などについてお話をうかがいました。
手作りランドセルの老舗工房「宇野カバン店」

ミニランドセル、ペンケース、メガネケース、ブックカバー、手帳カバー、パスケース、キーホルダー、しおり、財布、キーケース、写真立てなど、見ているだけでも楽しいものばかり

ーどんなリメイク商品が人気ですか?

キーホルダー、ミニミニランドセル、ペンケースなどが人気です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.