くらし情報『毎日20%の時間は将来のために使う!幸せな働き方と出会う方法』

2016年7月4日 19:39

毎日20%の時間は将来のために使う!幸せな働き方と出会う方法

目次

・「飽きる力」が人間に進化をもたらした!
・労働時間を消費・浪費・投資の3つに分類
・「20%ルール」でモチベーションアップ
paralerug


「パラレルキャリア」という言葉を聞いたことがありますか?

これは、複数の仕事を持ち、その境界を超えて活動する働き方のこと。たとえば、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんが小説『火花』で芥川賞を受賞しミリオンセラーとなったことは、広く話題になりました。

こうしたパラレルキャリアは、私たちの創造性やモチベーションに大きなメリットをもたらします。

自身も映像ディレクターでありながらブックカフェ「6次元」を営み、作家としても活動する著者による『パラレルキャリア 新しい働き方を考えるヒント100』(ナカムラクニオ著、晶文社)から、その魅力を探ってみましょう。

■「飽きる力」が人間に進化をもたらした!

本書は、「パラレルキャリア」というまだ新しい考え方を自分のものにするヒントとして、100のトピックを紹介しています。

たとえば、「人生7年周期説」。

人間の脳にはもともと「一定の刺激に7年で飽きる」という性質があるという考え方です。世の中の事象に流行り廃りがあるのも、この性質によるもの。

詩人で絵本作家の谷川俊太郎さんも、「あなたにとってクリエイティブとは?」という質問に「物事に『飽きる力』」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.