くらし情報『読む力を伸ばすべし!子どもを一流にするための6歳までの学習法』

2016年10月6日 23:21

読む力を伸ばすべし!子どもを一流にするための6歳までの学習法

目次

・1:親が不得意なことは一緒に学ぶ
・2:英語の絵本で読み聞かせをする
・3:漢字のオリジナル教材をつくる
・4:6歳までは書くより読むを重視する
・5:日本文化を自然に学ぶ環境をつくる
・6:親子で散歩を習慣にする
ichiryu


ハーバード大学といえば、歴代大統領やノーベル賞受賞者、起業家などを多く輩出する世界最高峰の大学のひとつ。

今回ご紹介する『世界に通用する一流の育て方』(廣津留真理著、SBクリエイティブ)の著者は独自の家庭教育法で、娘をハーバード大学現役合格へと導きました。

地方の公立高校出身で、なおかつ塾に一度も通ったことがない、など普通では考えられない環境のなかで彼女はどのように学力を伸ばしていったのでしょうか?

本書の中から、著者が人格形成上とても重要な時期だという6歳までの家庭学習の方法をピックアップしてご紹介します。

■1:親が不得意なことは一緒に学ぶ

家庭学習では親が得意なことを教えるのが基本だといいます。著者は自身で英語教室を開いているので、特に英語を熱心に教えていました。また、クラシック音楽も好きなので子どもにはバイオリンを習わせました。

もし、親が苦手なものをやりたい場合は、親も子どもの頃を追体験するつもりで一緒に学ぶことが大切。例えば、親が英語が苦手な場合はアプリなどを使って発音の練習をすることもできます。

我が子と一緒に苦手分野を学び直すつもりで取り組んでみましょう。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.