くらし情報『細切れ睡眠で毎日が二日酔い?アプリを使って睡眠の質を向上!【体験談】』

2020年11月29日 23:00

細切れ睡眠で毎日が二日酔い?アプリを使って睡眠の質を向上!【体験談】

細切れ睡眠で毎日が二日酔い?アプリを使って睡眠の質を向上!【体験談】


子どものころからよく眠れるほうだった私。目覚めはいつもスッキリして、朝食をしっかり食べて、朝から元気に活動していました。しかし、40代前半から夜中にトイレで目覚め、その後眠れなくなるという状態に。朝から睡魔に襲われるため、日中に細切れ睡眠を取ってしのいでいたのですが、ここ3年ほどでさらに睡眠環境が悪化。家族の入浴待ちをしている間に寝落ちしてしまい、ベッドで眠るのは毎日3時間程度に。すると、二日酔いのように頭がどんよりとして働かなくなり、片頭痛や低体温など体調が悪化し始めました。

夜中のトイレから3時間睡眠+細切れ睡眠に

細切れ睡眠で毎日が二日酔い?アプリを使って睡眠の質を向上!【体験談】


40代前半から夜中のトイレで目覚めるようになりました。夜、飲み物を控えても、午前1時か2時ごろには目が覚めてしまいます。一度目覚めると眠れないのでベッドでスマホを見て過ごし、午前3時から4時ごろに再び眠り、翌朝は家族の弁当作りのため5時には起床するという生活でした。

よく眠れなくなったことを義理の母に話したところ「更年期の症状よ。私もそうだった」とのこと。たとえ更年期の症状だとしても、日中ずっと眠気に襲われたままでいるのはつらくてたまりません。そこで、少しでも睡眠不足を補うために、日中は睡魔が襲うたびにタイマーをかけて毎回30分、1日につき3、4回ずつ仮眠を取ることにしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.