ビューティ情報『二の腕の引き締めには逆腕立て伏せ!?専門家おすすめトレーニング』

2019年8月21日 09:00

二の腕の引き締めには逆腕立て伏せ!?専門家おすすめトレーニング

二の腕が太くなってしまう原因には、「押す」動作が不足していたり筋肉と脂肪の形もあらわになりやすいことに原因があります。スポーツトレーナーのKISAFU先生に、二の腕が太くなってしまう原因から、引き締めに効果的なトレーニングまで細かに教えていただきました。

目次

・二の腕に贅肉が付いてしまう原因
・使用頻度の違い
・二の腕の形状
・二の腕を細くする方法
・二の腕を細くするトレーニング「リバースプッシュアップ」
・トレーニングを行う際の注意点
・二の腕を効果的に引き締めよう!

リバースプッシュアップ

二の腕に贅肉が付いてしまう原因

二の腕の脂肪を気にする女性

使用頻度の違い

日常生活で腕力が必要な時といえば、何かを「持ち上げる」動作が特に多いと思いますが、何かを「押す」動作で腕力を使うシーンは少ないのではないでしょうか。

この「押す」動作の時に働くのが二の腕の筋肉なのですが、日常では「持ち上げる」ための力こぶの筋肉を使っていることが多いのです。

昔は、雑巾掛けや洗濯板での洗濯など、現代ではやらなくなってしまった動きの時に二の腕の活躍の場が多くありましたが、便利な世の中になるほど使う機会が減ってしまったことが、二の腕に贅肉がつきやすい原因の一つです。

二の腕の形状

二の腕の筋肉は細長く、脂肪がついてしまうと対比して著しく目立ってしまいます。

そもそも筋肉は主にタンパク質で構成されており、繊維質がぎゅっと凝縮しているのに対し、脂肪は繊維質に水分が絡まり膨張しているような状態です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.