ビューティ情報『肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を』

肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

2018年2月20日 11:00
 

「スキンケアはがんばっているけど、肌の悩みが絶えない……」という方は、食事に原因が潜んでいるかもしれません。肌と食事は切っても切れない関係。食習慣が乱れていると、肌にも影響が及びます。今回は、皮膚科医の赤池智子先生に「食習慣」について教えていただきました。

皮脂に困っている原因は、食事にあるかも?

目次

・皮脂に困っている原因は、食事にあるかも?
・食習慣の見直しは、量・質・時間:食事内容だけじゃない
・食事は「彩り」を目安にバランスよく、ゆっくりとる
・「○○だけを食べる」をやめる勇気
・体が冷えない食事を心がけて
・便秘で悩まない食事、3つのポイント
・「食べることが大好き」赤池先生の食事のこだわり
Pexels photo 364657


過剰な皮脂や化粧崩れにお悩みの方のなかには、まずスキンケアを見直す方が多いかもしれません。しかし、赤池先生によると、食習慣に原因があるケースも少なくないといいます。

「コーヒーやチョコレート、ナッツなどの食品は、皮脂腺を活発にさせます。適切な量なら食べてもいいですが、過剰にとっていると、肌への影響が大きくなるでしょう」(赤池先生、以下同)

DRESS世代は肌が乾燥しやすい一方で、皮脂にお悩みの方も多く、皮脂腺を活発にする食品を多めにとっている方が目立つといいます。

食習慣に原因があると、いくらスキンケアを見直しても悩みは改善されません。日頃の食習慣を客観的に見つめてみて。

食習慣の見直しは、量・質・時間:食事内容だけじゃない

肌だけでなく、私たちの体は私たちが食事として食べたものからできあがっています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.