くらし情報『73%がお金の管理に不安…!? アラサー女性の「マネー事情」を調査』

73%がお金の管理に不安…!? アラサー女性の「マネー事情」を調査

2018年4月4日 17:00
 

“なんとかなる精神” では、そろそろ苦笑いのアラサーマネー事情……。既婚&独身の女性が入り混じるanan総研メンバーに、お金の管理方法について聞いてみました。

文・harako

【アンアン総研リサーチ】

お金の管理方法に心配の声

目次

・お金の管理方法に心配の声
・お金の流れを把握してる?
・ノート派25% vs オンライン派75%
・面倒に感じる問題点は、紙のレシート!
73%がお金の管理に不安…!? アラサー女性の「マネー事情」を調査


「自分のお金の管理方法を、改善しなければならないと思っていますか?」という質問をしたところ、73%の女性が「はい」を選択。先行きが不安、お金の管理方法がわからない、といった心配の声が現れた数字ではないでしょうか。

特に女性は、家庭に入った場合に家族全体のお金を管理してやりくりする役割を持つ可能性も高いので、なるべく早い段階で改善したいものです。そこで、日頃のお金の管理方法について、効率よく把握するコツやオススメできない方法などを聞いてみました。

お金の流れを把握してる?

73%がお金の管理に不安…!? アラサー女性の「マネー事情」を調査


本題に入る前に、現状のお金管理は、どのようにしているのか聞いてみたところ……?

・あまり考えていない(53%)
・家計簿をつけている(24%)
・レシート保管のみ(16%)
・そのほか(3%)

なんと、53%の女性が「あまり考えていない」という衝撃回答……! これにはちょっぴり驚きですが、気を取り直して残りの43%の女性の回答をみてみると、みなさんそれぞれの工夫があるようです。「家計簿」「レシート」を、どのように使って管理するのでしょうか?

ノート派25% vs オンライン派75%

73%がお金の管理に不安…!? アラサー女性の「マネー事情」を調査


お金の流れを把握する方法は、大きくわけて2つ。使った金額を書いてレシートを集める「ノート派(25%)」と、マネーアプリを利用した「オンライン派(75%)」です。割合は違っても、それぞれこだわりの活用方法があるそうです。
ノート派(25%)
「レシートはすぐノートに貼ります」(30歳・会社員)
「ノートに書くこと。家計簿よりは、何も書いてない普通のノートがいい。アプリなども使っていたが、全体的な把握をするには書くのが1番オススメで、改めて無駄遣いを把握できる」(33歳・専門職)
「カードをあまり使わず現金で管理するとわかりやすい」(24歳・会社員)
こちらは、“現金主義” の女性が多いよう。「1か月に使うお金を決めておく」(28歳・自営業)など、カードより現金で視覚的に管理している意見が印象的でした。
オンライン派(75%)
「家計簿アプリで一括管理。口座は用途別にわけています」(29歳・専門職)
「口座をオンラインに繋いで、カードでなるべく払う。数字ですぐ見られる環境を作る」(27歳・会社員)
「基本的に電子マネー決済にし、出費記録アプリと連動させている」(27歳・会社員)

いっぽうで、「紙幣をなるべく使わない」(27歳・会社員)という “デジタル主義” の女性はお金を数字として見ている印象。現金にあえて触れずに、データが自動的に記録されるマネーアプリやカード明細を利用した管理をしているようです。

面倒に感じる問題点は、紙のレシート!

73%がお金の管理に不安…!? アラサー女性の「マネー事情」を調査


お金の管理で、苦手だと思う部分を聞いてみたところ、ある共通点がありました。

アプリの家計簿をつけていましたが、入力忘れが続くとだんだん帳尻が合わなくなりました」(32歳・専門職)
「レシート集めは続かない&結局捨てるだけだと思う」(29歳・専門職)
「家計簿アプリ。レシートを読み込むだけで家計簿をつけてくれるアプリですが、レシートを読み込むことすら面倒な私には無理でした」(31歳・自営業)
「月々の出費をつけようと思ってレシートとっておいて、そう思ってたことを忘れて捨てて。数日後、あ! 捨てちゃったじゃん! よし来月からつけよう……で最初に戻ります」(29歳・会社員)
「レシートがゴミになる」(34歳・会社員)

そう、ずばり「レシート」です! みなさん口を揃えて「レシートがゴミになる」「アプリに読み込むことが面倒」など、もらったレシートを丁寧にノートに貼る作業ができる女性はひと握りだったのです。今回のリサーチを総論して良いお金の管理方法を提案するならば、口座をオンラインで自動連携することがもっともストレスがないと思います。

レシートをもらって後から自分で入力するのは継続が難しいようなので、何に使ったかわからない空白のお金を防ぐため、その場で引き落としのデビットカードや事前にチャージしたカードを利用して「自動管理の意識」を身につけると、生活の向上につながるかもしれませんね。アラサー世代になったら、やりくりマスターに!

©SIphotography/Gettyimages
©Sezeryadigar/Gettyimages
©pixelfit/Gettyimages
©SARINYAPINNGAM/Gettyimages

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.