くらし情報『【『アトムの童(こ)』第4話感想・考察】山﨑賢人&松下洸平が作り出すドラマの魅力』

【『アトムの童(こ)』第4話感想・考察】山﨑賢人&松下洸平が作り出すドラマの魅力

目次

・泣ける!那由他と隼人熱いの友情を再確認
・これまでの日曜劇場とはここが違う!
【『アトムの童(こ)』第4話感想・考察】山﨑賢人&松下洸平が作り出すドラマの魅力

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年10月スタートのテレビドラマ『アトムの童(こ)』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

二人の青年がゲームづくりに奮闘するドラマ、TBSの日曜劇場『アトムの童(こ)』。

若き天才ゲーム開発者が一度はゲーム作りから遠ざかったものの、愛する玩具メーカー『アトム玩具』を救うため、再びゲーム作りを始める完全オリジナルストーリーとなる本作。

泣ける!那由他と隼人熱いの友情を再確認

第4話ではこれまで最大のピンチが到来。

アトム玩具へ投資を得るため、準備をしていた最中、完成を目前としていた那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)が作っていたゲームのデータが消える事件が発生。

「作り直すしかない」とプレゼンに間に合わせるため、那由他たちは急ピッチで復元を試みる。


復元作業はこれまで全て自分たちの手で作っていたものの、プレゼンまで時間がないため、クリエイターに外注をすることになった。

しかし、納期優先で進めようとする那由他と、それではクオリティが担保されないと考える隼人。二人の方針は異なり、意見が割れて口論になる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.