くらし情報『東大で見られた感染症対策 『食堂を写した1枚』に「こんな状態なのか」「よい判断」』

2020年4月1日 17:16

東大で見られた感染症対策 『食堂を写した1枚』に「こんな状態なのか」「よい判断」

※写真はイメージ

世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。日本では、海外や国内の感染者・死者数が連日報道され、危機感が日増しに高まっています。

東京都ほか複数の県は、コロナウイルスの流行にともない、週末や夜間などの不要不急の外出を自粛するよう人々に要請。

また、飲食店やカラオケ店の中には自主的に店を閉めるなど、感染拡大防止に尽力しているところもあります。

食堂が行った感染拡大防止の工夫

東京大学(以下、東大)で情報理工学系研究科の特任講師を勤める、Toshiaki Nakazawa(@Tzawa)さんは1枚の写真をTwitterに投稿。

コロナウイルスの対策をした東大の中央食堂の光景が注目を集めました。

食堂を上から見た光景が、こちらです。

東大で見られた感染症対策 『食堂を写した1枚』に「こんな状態なのか」「よい判断」

座席に、互い違いに『×』マークが貼られているテーブル。

真横や真向かいに人が座らないよう、空けておくべき場所にあらかじめ目印を貼っておいたのでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.