くらし情報『アルコール消毒による乾燥・手荒れを防ぐ方法』

2020年10月27日 13:59

アルコール消毒による乾燥・手荒れを防ぐ方法

最近、アルコール消毒のしすぎで手荒れに悩まされている方のお話を聞きました。

仕事柄アルコール消毒が欠かせない状況で、手荒れが完治にしくいということです。

【アルコール消毒での悩み】

・アルコール消毒のしすぎなのか手荒れがひどい

・これからさらに乾燥の季節になり、もっと手荒れがひどくなりそうで憂鬱

・手荒れを防ぐ方法を知りたい

このような悩みは、多くの方が抱えていると思います。

わたしも肌が強い方ではないのですが、外出先に設置されているアルコール消毒を使用しないといけないときは手がカサカサしてきます。

今は保湿成分が含まれているアルコール消毒剤もあるのでそれだったら助かるんですけど…

今回は、アルコール消毒で手肌が荒れてしまった方への対策をご紹介していきます。

これからますます乾燥が気になって、手肌の荒れ問題が深刻になってきてしまうと思うので、この記事が悩んでいる方々の問題解決につながると幸いです。

なぜアルコール消毒で手肌が荒れるのか

目次

・なぜアルコール消毒で手肌が荒れるのか
・アルコール消毒から手肌の荒れを防ぐ方法
・保湿成分を含むアルコール消毒剤を選ぶ
・手肌に優しい「微酸性次亜塩素酸水」を使った除菌
・感染症対策と乾燥対策をバランスよく
アルコール消毒による乾燥・手荒れを防ぐ方法


感染症対策に必死になり、アルコール消毒を頻繁にしていると手肌が荒れやすくなってきます。

なぜそんなことが起こってしまうのかというと、

手指の消毒に使用されるアルコールは速乾性がとても強く、皮脂も一緒に乾かしてしまい、肌に必要な皮脂まで除去してしまうからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.