くらし情報『結婚式の挨拶やスピーチをさせたい!挨拶のノウハウと、絶対に守るべきマナーをご紹介』

2017年3月7日 18:38

結婚式の挨拶やスピーチをさせたい!挨拶のノウハウと、絶対に守るべきマナーをご紹介

結婚式は、新郎新婦が主役となる場。自慢話や説教のようなスピーチをせず、新郎新婦のために場を盛り上げることが大切です。新郎新婦の心に残る挨拶やスピーチをするために、絶対に守るべきマナーを知っておきましょう。

■結婚式での挨拶やスピーチにはどんな種類があるの?

結婚式の挨拶やスピーチの種類は、式の進行内容によって異なります。一般的には新郎のウェルカムスピーチから始まり、主賓の挨拶、乾杯挨拶、友人代表スピーチ、親族謝辞、新郎謝辞の順で進んでいきます。

目次

・結婚式での挨拶やスピーチにはどんな種類があるの?
・挨拶の際のマナーを確認!例文もご紹介
・注意!披露宴で絶対に避けるべきNG集
・まとめ
結婚式の挨拶やスピーチをさせたい!挨拶のノウハウと、絶対に守るべきマナーをご紹介


式によってはあえて主賓を立てないケースもありますが、ここではスピーチを任される立場である「主賓の挨拶」「乾杯の挨拶」「友人代表スピーチ」について詳しく見ていきましょう。【主賓の挨拶】主賓の挨拶では、新郎新婦がお世話になった方が祝辞を述べる場合が多くなっています。一般的には、会社関係者の一番偉い人や学生時代の恩師が選ばれます。親族中心の結婚式ならば、両家の年長者が祝辞を述べることもあります。新郎新婦に共通の知人がいない場合は両家1名ずつ、計2名が主賓の挨拶を行うこともあるでしょう。他のスピーチよりも、厳かなスピーチが行われやすいのが特徴です。【乾杯の挨拶】「結婚式の始まりの合図」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.