くらし情報『あなたの家は大丈夫?一戸建ての防犯対策を見直そう』

あなたの家は大丈夫?一戸建ての防犯対策を見直そう

2017年3月27日 17:33
 

警視庁の調べでは、平成27年度の住宅侵入窃盗被害は約46,000件でした。これは、1日あたり130件弱もの被害が発生している計算になります。被害にあった建物のうち最も多いのは一戸建て住宅であり、全体の41.6%を占めていました。では、狙われやすい家と狙われにくい家は何が違うのでしょうか?今回は最も被害件数の多い「一戸建て」に注目して、泥棒に狙われやすい家の特徴や防犯対策をご紹介します。

■狙われやすい家の特徴とは?

目次

・狙われやすい家の特徴とは?
・防犯対策は「玄関」から!玄関の防犯対策を知ろう
・侵入経路の多くは「窓」!窓の防犯対策を知ろう
・長期間の不在時は、特に念入りに防犯対策を!
・まとめ
あなたの家は大丈夫?一戸建ての防犯対策を見直そう


泥棒は高い確率で犯行前に住民や侵入経路などの下見をして、侵入しやすいかどうかを見極めています。では、泥棒に狙われやすい家とはどんな家でしょうか。まずはその特徴を知っておきましょう。【特徴その1】家の周りに高い塀や生け垣がある一見すると安全なようにも感じますが、高さのある塀や生け垣は見通しが悪く、泥棒にとっては身を隠すための恰好の目隠しとなる場合があります。生け垣の場合は見通しが良くなるよう剪定できますが、塀の場合は高さを変えることが難しいので、ライトや防犯カメラを設置すると良いでしょう。【特徴その2】ベランダの見通しが悪いベランダが2階にある場合でも、しゃがんで隠れることのできる高さの囲いがあれば人目を気にせずに侵入できるため、泥棒にとっては好都合です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.