くらし情報『学資保険はいつから加入がベスト?「加入時期」「払い込み期間」と「給付時期」3つの“いつ”を押さえてベストな契約を!』

2018年12月3日 14:45

学資保険はいつから加入がベスト?「加入時期」「払い込み期間」と「給付時期」3つの“いつ”を押さえてベストな契約を!

目次

・学資保険の「加入時期」は何が大切なの?7~9歳で入れなくなるってホント?
・払込期間は、早い時期に、短期で払う方がお得!
・給付時期の設定はどうする?こまめに複数回もらうか、まとめて1度にもらうか
・まとめ
学資保険はいつから加入がベスト?「加入時期」「払い込み期間」と「給付時期」3つの“いつ”を押さえてベストな契約を!


お子さんの将来の学費に備える学資保険。契約しようとすると、必ず聞かれるのが「加入時期」「払い込み期間」「給付時期」です。

契約なんていつでもいいよね、と思いがちですが、払戻金にかなり大きな違いが出てくるポイントです。学資保険契約の際に重要な“いつがお得か?”をバッチリ解説しましょう。

学資保険って何という方は、まずこちらの記事をご覧ください。

学資保険の「加入時期」は何が大切なの?7~9歳で入れなくなるってホント?

私たちが加入する“人に対する保険”は、契約する人が若ければ若いほど、保険料が安く設定されています。学資保険も、契約者はお子さんの保護者の方で、被保険者はお子さんになりますので、「保護者が若い&お子さんが小さい」時期に加入するほど、有利な契約を結ぶことができます。どんな仕組みか、詳しく見てみましょう。

妊娠中の加入もOK!思い立ったら早めの契約を
学資保険の保険料を決める重要ポイントの一つが、「契約者(保護者)と被保険者(子供)の年齢」です。学資保険は、一般的にお子さんを被保険者に、保護者が契約します。それぞれの年齢が若いほど、保険料は安く設定されています。

そうは言っても、「うちは結婚○十年で、やっと子宝に恵まれました!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.