くらし情報『「ヒートショック予備軍」が最も多い県は千葉と宮崎!では最少の県は?』

2019年2月24日 21:30

「ヒートショック予備軍」が最も多い県は千葉と宮崎!では最少の県は?

冬に熱い風呂に入ったことが原因でヒートショックを起こす人は、毎年たくさんいます。

しかし、入浴中にヒートショックを起こしてしまうケースは都道府県によって差がある可能性があるみたいなんです。

つまり「ヒートショック予備軍」がたくさんいる県があるのです。

それは、住宅機器メーカーのリンナイが行ったインターネット調査でも、明らかになっています。

そこで日本全国の入浴事情の調査の結果とともに、入浴とヒートショックについてお話ししたいと思います。

■ 日本一の長風呂県は、温暖な千葉県

住宅機器メーカー、リンナイは47都道府県20〜60代の男女計2,350人を対象にインターネット調査を実施し、都道府県別の入浴事情を調べました。

調査には東京都市大学で風呂を医学的に研究する早坂信哉医師が監修した「ヒートショック危険度チェックシート」も活用し、ヒートショック予備軍が多い県なども判明しております。

グラフ


入浴時間に関する調査結果は、全体の平均入浴時間が「12.6分」となり、早坂医師(前述)が提唱する安全な入浴時間「10分」を上回る結果に。

いかに日本人のお風呂好きかが分かりますよね。
お風呂

simeneko / PIXTA(ピクスタ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.