くらし情報『セルフリノベもした住まいを売却!その決断の理由とは?・3』

2019年4月26日 17:50

セルフリノベもした住まいを売却!その決断の理由とは?・3

これは筆者が2軒目に購入した住まい・小さな一戸建てを売却したストーリーです。

前々回、前回に続いて、今回もその一戸建てを購入した約12年前の経緯からお話しています。

■ 概略だけの物件情報だけど、運命の予感?

実際に見つけた画面は、たったこれだけ。

物件情報


立川市の1,680万円の売地でした。

まず、2,000万円以下で立川駅から徒歩圏というのが非常に珍しかった。いえ、見たのは初めてでした。

この物件の土地は南向きで、古家が付いているらしい。

もしこの建物をリフォームできれば、無謀な目標予算2,000万円も夢ではないかもしれない!

真夏日、これを最後の物件と夫と約束して見に行ったところ……、そこには簡素な2階建て・昭和な木造住宅が建っていました。

木造住宅


見た瞬間「悪くない、まだ十分に使える建物だ」と思いました。

とはいえ、内部の状態は著しく汚れていて間取りも細切れ、外部はごく小さな庭があるだけで、肝心の駐車スペースもありません。

木造住宅


それでも「これなら、いえ、これを買いたい」という意志を夫婦共に固められる物件だったのです。

その日に申込書を書き、一番手をゲットしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.