くらし情報『【『正直不動産』第9話感想・考察】愛着の湧くキャラクター、永瀬・山下智久にキュンとした瞬間』

2022年6月6日 10:36

【『正直不動産』第9話感想・考察】愛着の湧くキャラクター、永瀬・山下智久にキュンとした瞬間

目次

・ついに明らかになった!ミネルヴァ鵤社長と花澤の過去
・正直に生きる永瀬にキュンとした瞬間
【『正直不動産』第9話感想・考察】愛着の湧くキャラクター、永瀬・山下智久にキュンとした瞬間

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年4月スタートのテレビドラマ『正直不動産』(NHK)の見どころや考察を連載していきます。

女が男を養うなんてありえない。職場で女というだけでナメられる。

そんな時代はもう終わった。

正直不動産はメッセージの送り方が非常に上手い。

新しい時代を生きる我々へ、古い時代の考え方を捨てるよう気付きをくれる。

多様化してきた現在、これまでの固定観念とはおさらばしなければならない。

女性は家庭に入り、男性は外で働く。これはもう当たり前ではないのだ。

別に女性の方が収入が高ければ女性が養えばいい。男性が育児をしたっていい。

女性だから見下され、無下に扱われる。そんな職場はこの時代にはそぐわない。

そのような考えが徐々に浸透してきてはいるものの、やはりまだ『当たり前』な世の中ではない。

それなのに、永瀬(山下智久)や月下(福原遥)は「そんな時代、まだあるんですね」とあえて言い切った。

古い固定観念を持ったままの人は、このセリフにグサリと来たのではないだろうか。

正直不動産はその考えを容赦なく『時代遅れ』であることを示した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.