くらし情報『起業家を目指していた弁護士が語る「依頼者の本音を聞き出すこと」の重要性とは?』

2017年1月20日 16:50

起業家を目指していた弁護士が語る「依頼者の本音を聞き出すこと」の重要性とは?

目次

・起業家を目指していた大学時代……一転して弁護士を目指したきっかけは?
・「道を切り開いていきたい」と強く思っていた
・依頼者の話をよく聞き意向に沿った解決法を
・肉親同士の争いとなる「相続問題」はニーズを汲み取ることが円満解決の秘訣
起業家を目指していた弁護士が語る「依頼者の本音を聞き出すこと」の重要性とは?

photo by 編集部

東京都豊島区、「池袋」駅すぐ近くにある「虎ノ門法律経済事務所 池袋支店」で支店長を務める鈴木謙太郎弁護士。大学は法学部ではなく商学部を卒業したと言います。商学部を卒業したのに、なぜ弁護士を志したのか、そして仕事をする上でどのような信条を大切にしているのでしょうか?

起業家を目指していた弁護士が語る「依頼者の本音を聞き出すこと」の重要性とは?


鈴木 謙太郎(すずき けんたろう)弁護士
(1972年の設立以来40年以上の歴史がある、虎ノ門法律経済事務所の池袋支店で支店長を務める。注力分野は遺産相続、不動産取引、交通事故、債権回収、労働問題、債務整理、刑事事件、離婚等。「皆様の人生の一大事を共に解決するパートナーとして、真摯に業務に取り組んでまいります。」)

起業家を目指していた大学時代……一転して弁護士を目指したきっかけは?

___弁護士を目指した理由を教えてください。

私は法学部ではなく、商学部を卒業しました。大学時代は、社会に新しい価値を提供する起業家になりたいと考え、同じ志を持つ親友と、夜を徹して事業計画を練ったり、ベンチャー企業の社長に直接アポイントをとったりなど、起業を成功させようと試行錯誤していました。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.