くらし情報『保育園にかかる費用はどれくらい?平均相場&計算方法をFPが解説』

2020年4月24日 20:00

保育園にかかる費用はどれくらい?平均相場&計算方法をFPが解説

目次

・保育園の料金計算は自治体ごとにバラバラ!
・保育園・保育所も実に様々で値段もバラバラ!
・保育サービス利用料金の平均相場は「月2~3万円」
・「幼児教育の無償化」の中身は?
・小学校に入れば費用は安くなる?
・保育園時代から警戒しておきたい「大学費用」
・学費で困った時には自治体に相談しよう!
・「子供のため」になるのかをしっかり考えよう!
・保育園の費用は安いが今後への備えが大切!
保育園にかかる費用はどれくらい?平均相場&計算方法をFPが解説


https://manetasu.jp

こんにちは、婚活FP山本です。最近では結婚しても共働きするのが主流ですが、だからこそ必須となる「保育園の費用」が気になる方も多いといえます。共働きといっても働く女性の約6割は非正規であり、余裕の乏しい世帯も多いですから尚更です。

ぜひ保育園の費用相場を知っておき、安心に繋げていきましょう。そこで今回は、保育園にかかる費用や関係する必須情報について詳しくお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

保育園の料金計算は自治体ごとにバラバラ!

保育園の料金計算は自治体ごとにバラバラ!


まずは、そもそもの保育園の利用料金の基本についてお伝えします。保育園の利用料金というのは、私立なら当然に保育園次第ですが、実は公立や認可保育園であってもバラバラです。具体的には、以下の要素で保育園の利用料金は決まってきます。

  • 自治体
  • 世帯年収
  • 子供の年齢と数
  • 保育時間
下2つはともかく、やはり最初のポイントは「自治体による差」です。保育園の利用料というのは、国によって「年収に応じた利用料の上限(の目安)」が決められているものの、実際いくらにするかは自治体次第となっています。財政が厳しいところほど、割高になりがちです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.