くらし情報『家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!』

2020年7月7日 20:00

家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!

一般的には以下のとおりです。
家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!

意外にも、建物の範囲は広いのです。

家財保険の必要性とおすすめする理由

家財保険の必要性とおすすめする理由


住宅ローンを組んでマイホームを購入するとき、多くの場合は金融機関から火災保険の提案を受けます。その際、「建物のみ」の補償プランを提示されることが多いので注意が必要です。

たいていの人は、住宅購入は一生に一度のことなので、火災保険のことはよくわからないはずです。そのまま加入して、建物が全焼してしまった場合、建物は建て替えることができます。

けれども、家財道具一式はゼロからそろえなくてはなりません。家財の補償がなければ、テレビや冷蔵庫や洗濯機や家具などをすべて自腹で賄わなくてはならないのです。

自己資金に余裕のある人にとっては、建物の建て替えに比べて、かかるお金の少ない家財の保険は必要ではないかもしれません。しかし、ほとんどの人はそんな余裕はないはずです。余裕のない人にとっては家財の保険は必要だということになります。

さらに、昨今は大規模な自然災害が増えています。想定外の被害も多く、火災保険は必須です。建物だけでなく、家財の損害にもしっかり備えておきましょう。

家財保険を検討する際に知っておきたい注意ポイント

家財保険を検討する際に知っておきたい注意ポイント


[adsense_middle]

アパートや賃貸マンションなどの借家の場合
賃貸借の対象物件においては、建物本体の火災保険は大家さんが加入しますが、建物内部にある家財の火災保険(家財保険)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.