くらし情報『家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!』

2020年7月7日 20:00

家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!

は居住者が加入する必要があります。

賃貸住宅用の家財保険の基本的な補償
家財保険と火災保険の違いとは?知っておきたい基礎知識をFPが徹底解説!


借家人賠償は必須の補償
賃貸住宅の賃借人用の火災保険は、上記のように家財の補償をメインに、賠償責任をオプションにしたセットになっています。賠償責任のうち、借家人賠償はオプションとはいえ、必須の補償です。

賃借人には退去の際に対象物件の「原状回復義務」というものがあります。「原状回復」とは、借りる前の状態に戻すということです。自分の部屋から家事を出してしまった場合、「原状回復義務」を果たすことができない「債務不履行」の状態に陥ります。

この「債務不履行」に対する損害賠償義務を負うために借家人賠償があります。

個人賠償責任は重複加入に注意
マンションなどの共同住宅の場合、火災より多いのが漏水です。自分の部屋からの水漏れで、下の階の部屋を濡らしてしまった場合などの損害賠償のために個人賠償責任の補償があります。

個人賠償責任は、自動車保険などに付帯されている場合はそちらでカバーされます。1契約で同一生計の家族全員が補償対象になります。重複加入にならないように既加入の損害保険をチェックしましょう。

また、借家人賠償、個人賠償責任ともに加入する商品に示談サービスが付いているほうがいいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.