くらし情報『やっぱりアナログがいい!記憶に残る年賀状を富士フイルムで作ろう』

2018年12月12日 20:00

やっぱりアナログがいい!記憶に残る年賀状を富士フイルムで作ろう

あっという間に師走です。一年の終わりの一仕事、年賀状の代わりにいまではSNSで新年の挨拶を済ませる方も多いと思います。しかし、ひと手間かけた年賀状はいまの時代でこそもらって嬉しいもの。古くは平安時代に当時の学者である藤原明衡のお正月の文例が年賀状の始まりといわれています。年始のご挨拶でお世話になった人や親族の家を回る風習ができたのもこの頃。江戸時代から伝わる日本の古き良き文化を感じながら、一年お世話になった人たちに、心を込めた年賀状を書いてみてはどうでしょうか?今回は富士フイルムで作るおしゃれな年賀状の作り方と年賀状マナーをご紹介します。

知っておきたい!年賀状の書き方
やっぱりアナログがいい!記憶に残る年賀状を富士フイルムで作ろう


昔は書いていたけど、最近はさっぱり…という方も多いのでは?まずは、年賀状の正しいマナーをおさらいしていきましょう。そもそも、いつまでに出せば元旦に届くのでしょうか。郵便局では、12月15日から12月25日までに出された年賀はがきは元旦に届けてくれるそう。12月14日より前だと年内に届いてしまうので注意です。 次に、年賀状の内容。「謹賀新年」や「明けましておめでとうございます」などの賀詞は必須で、昨年お世話になった謝辞、「今年もよろしくお願いします」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.