くらし情報『いつかバラします…! 女性約200人調査「職場のセクハラ体験談」5選』

2022年5月22日 19:00

いつかバラします…! 女性約200人調査「職場のセクハラ体験談」5選

20代~30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に「職場でのトラブル」について聞いたところ、日頃の心のもやもやが伝わってくるコメントをたくさんいただきました。なかでも今回は、「セクハラ」をテーマに深掘りしたいと思います。

いまだなくならないセクハラ

目次

・いまだなくならないセクハラ
・セクハラには「対価型」と「環境型」がある
いつかバラします…! 女性約200人調査「職場のセクハラ体験談」5選


性的な嫌がらせを意味する「セクシャル・ハラスメント」。略してセクハラ。1989年に初めてセクハラを問う裁判が行われ、その年の新語・流行語大賞の金賞を受賞しました。当時どれだけ注目され、話題になったかが想像できますよね。

でも、それから30年以上たったいまでもまだまだセクハラはなくなってはいません。以前は男性から女性へのハラスメントを意味することが多かったですが、最近では女性から男性や同性へのセクハラも取り上げられる機会が増えてきています。

anan総研のみなさんのコメントを見てみましょう。

食事後、上司から頬にキスをされた
「転職直後のころ、上司に夜食事に誘われました。2人きりだったのであまり乗り気ではなかったのですが、職場をかえたばかりで人間関係に気を遣っていましたし、仕事への意欲もあったため「これもコミュニケーションの一環」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.