くらし情報『120平米超の大空間で叶えた、快適な二世帯同居【リライフプラス】』

2019年3月22日 11:30

120平米超の大空間で叶えた、快適な二世帯同居【リライフプラス】

夫とその母が不動産投資のために購入していた、渋谷駅から徒歩6分という便利な立地のマンションの最上階。

借家人が転居したのを機に、夫を亡くした母と夫妻は将来のことを考えて一念発起し、フルリノベと同居を決心しました。

唯一、満足のいくプランを出してくれたセキデザインスタジオに依頼をし、工事費約2,700万円(税・設計料込み。施主支給分含む)で二世帯同居でも快適に暮らせる空間を作り上げました。

■ 試行錯誤を重ねたからこその上質なシンプルさ

120平米超の大空間で叶えた、快適な二世帯同居【リライフプラス】


広いリビングダイニグを家の中心に置き、それを挟んで主寝室と母の部屋を配置しているH邸。

和室2間を撤去し、実現したこの大空間は採光性も抜群。

120平米超の大空間で叶えた、快適な二世帯同居【リライフプラス】


床はホワイトアッシュ無垢材で、温水式床暖房を仕込んでいます。

LDKの見事な壁の収まり


リビングダイニングとキッチン、廊下の面の精緻な納まりに夫はつねづね関心するといいます。

一見シンプルな仕上がりのH邸ですが、こうした巧みなディテールが上質さを物語っています。

潔く白いダイニング


壁面を活かした、清潔さを感じられるダイニング。

キッチンは独立型にしたので、「リビングからあれこれ見えず快適です」と母は話します。

また、ダイニングには大容量の壁面収納をつくり、3人の食器が仲良く並んでいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.