くらし情報『人気ブロガー・ちきりんさん流 リノベ予算の考え方』

2019年5月15日 21:30

人気ブロガー・ちきりんさん流 リノベ予算の考え方

でも、予算500万円の人にその煌びやかな世界を見せても無意味です。もちろん逆も然り。

だとしても、無垢フローリングにするといくらかかるか、オーダーキッチンはいくらで作れるかを知らないのに予算なんて組めないよ、と思うかもしれません。

ところが、リノベ会社にとってもこの段階でそれを明示するのはとても難しいのです。

というのも、ひとことでユニットバス、もしくはオーダーキッチンといっても、ピンからキリまで大きな価格差があるからです。

リノベ費用の多くは設備の材料費よりも人件費です。
ヘリンボーン

fujiyaman / PIXTA(ピクスタ)

例えば床材。

ヘリンボーン貼りはとてもおしゃれですが、貼るのに時間がかかる上、無駄になる端材も発生するため面積以上の床材が必要。

だから「床を無垢にするといくらかかりますか?」と聞かれても、リノベ会社も明確に答えられないのです。そうなると、予算は自分で決めるありません。ではその予算はどうやって決めたらいいのでしょうか。

■ 「月いくら払えるか」から予算を考える
マンション

YNS / PIXTA(ピクスタ)

貯金がいくらあるから、ローンがここまで組めるから、だから予算はこれだ! と決める人、または施工事例を見てだいたいの予算感をつかむ人もいるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.