くらし情報『表裏のない下着に、偽薬…介護生活を楽にする驚きアイテム』

2021年3月24日 15:50

表裏のない下着に、偽薬…介護生活を楽にする驚きアイテム

表裏のない下着に、偽薬…介護生活を楽にする驚きアイテム


「82歳の母は、要介護1の認知症で、あまりに症状がひどいときだけ、抗不安薬を服用することになっています。しかし、効能や飲むタイミングを理解できず、症状が出なくても毎日薬を飲みたがって……。薬を隠しても、見つけ出して飲むことがありました。そこで、使ってみたのが偽薬です」

そう話す東京在住のA子さん(52)が使っている偽薬がプラセプラス30。見た目は薬だが、ラムネのような甘みがある白いタブレットで、有効成分が入っていない“食品”だ。A子さんは続ける。

「母には、着替えなどの日常動作ができなくなる『失行』という症状も出ています。特に表裏、前後左右がわかりにくい下着を着るときは、いつも間違えてしまう。しかし、手伝うとプライドが傷つくのか、怒りだしてしまうんです」

そんな悩みを救ったのが、HONESTIESという会社が作った表裏・前後のない肌着だった。

「偽薬とこの下着のおかげで、介護がぐんと楽になりました」

介護を楽にするさまざまなアイデアグッズが日々、誕生している。そこで、実際に介護をしている人と、介護のプロたちが選んだ、おすすめ商品を紹介。

【食事編】日々の食事を少しでも楽に

■「木目持ちやすい茶碗」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.